こぎん刺し材料の通販サイト

弘前 しまや

こぎんのもどこ(てこなこ)
こぎんのもどこ(四つこごり)
こぎんのもどこ(紗綾型)
こぎんのもどこ(とまらず)
こぎんのもどこ(てこなこ)
こぎんのもどこ(花つなぎ)

こぎん刺しの糸について

綿の糸を6本から8本程度あまめに撚ったものを使用します。艶を押さえた糸を使うケースが多いのですが、艶のある糸を使っても全く差し支えありません。

こぎん刺しに使う様々な糸

(左から順番に)

1.未晒しのこぎん糸

染色を施していない生成り色の糸です。ネップ(黒く小さなカス)が混ざっています。染色して使う方にはお勧めですし、そのまま使っても素朴な風合いを楽しめます。注意点として生産ロットにより色が異なる場合がありますので予め余裕を持った分量をご用意ください。こちらは8本取りです。

2.こぎん糸

刺繍糸4番手相当の糸です。艶消しあま撚りの糸で色数も豊富、こぎん刺しで良く使われています。

3.刺し子糸

こぎん糸と比べるとやや細めなので刺しやすいのですが、少し線が細く感じます。こぎん糸には無い特徴として単色の他に段染め糸がありますので表情豊かに仕上げる事ができます。

4.25番刺繍糸

クロスステッチなどに用いられる一般的な刺繍糸です。色数が豊富な事が最大の特徴です。6本取りのまま使用します。こちらもさし来いと同様に段染がございます。

5.5番刺繍糸

撚りが強く光沢のある刺繍糸です。その撚りの強さの為、糸がほつれないので初心者の方におすすめです。抜きキャンバスを使用する場合もこちらをお薦めしています。